ちょっと得するヒトリゴト

日常の[お得]をテーマに書き綴ります

6月11日放送アメトーーク! | 第2弾 バラエティ観るの大好き芸人

f:id:writer036bloger:20200612045445j:plain

テレビ朝日 アメトーーク!

久々のスタジオ収録となったアメトーーク!前回芸人の間で好評だった「バラエティ観るの大好き芸人」の第2弾!となりました。芸人さんの番組に対する熱き想いが伝わってくる回でした。

 

 

 

 

アメトーーク!「バラエティ観るの大好き芸人」

f:id:writer036bloger:20200612044859j:plain

テレビ朝日 アメトーーク!

MC

  • 雨上がり決死隊 蛍原

ゲスト

  •  出川哲朗
  • ロッチ中岡
  • パンサー向井
  • 品川庄司・品川
  • アンガールズ田中
  • 平成ノブシコブシ徳井

 

出川哲朗オススメ番組「あちこちオードリー」

f:id:writer036bloger:20200612050657j:plain

オードリー若林が「世間にバレたくない」という番組。トーク番組なのに、打ち合わせやアンケートが全くなく、番組プロデューサーからは「ラジオ感覚でやって」と、本番ではオードリー若林がMCとして本領発揮し、ゲストの裏話が聞ける貴重な番組。

 

 

 

品川庄司・品川オススメ番組「さんまのお笑い向上委員会」

f:id:writer036bloger:20200612051206j:plain

品川が印象に残っている回は「魔王・加藤の復活回」ザブングル加藤が謹慎明けからの番組復活のため、事前に竹山が加藤のために合宿をして収録に挑んだそう。

番組内でトーンの低い復帰の挨拶に対し、竹山が「もっと魔王らしく行けよ!」との振りに対し「竹山さんクラスじゃ世間が納得してくれないんですよ」でウケた加藤に対して、嬉しそうに突っ込む竹山の加藤に対する愛を感じた瞬間だった。

普段、人の振りを乗っ取るホリケンが、加藤に対して「あの話してやれよ」と自ら振るレアさ。

 

ロッチ中岡オススメ番組「有吉の壁」

f:id:writer036bloger:20200612052504j:plain

"Mr.壁"と番組内で評判の「とにかくやさしい安村」の攻める姿が印象的。新ネタ披露の安村は「東京って凄い」を全力で披露するも話題にならないところが安村らしい。

有吉が後輩芸人を育てる番組であり、過去の例をみると深夜帯からゴールデンに格上げしたお笑い番組が軒並み失敗している中、有吉の壁は成功している唯一の番組。

 

 

 

アンガールズ田中オススメ番組「カリギュラ」

f:id:writer036bloger:20200612054219j:plain

amazon primeで配信されている番組。地上波では絶対にできないことをやろうというスタンスで作っている今田&東野MCによる過激な企画が多い。

 その中で田中がオススメする「火の鳥選手権」は、炎上芸人が腕に火の翼をつけ、クルマのボンネットから飛び立つ姿を採点するというイカれた企画。

 

 

吉村が熱さを我慢し芸術的なダイブを魅せた後のコメント「バラエティの扉を開いた」と感動に審査員の山下真司が満点の10点!そしてプリンセス天功は、まさかの8点という…

こういう面白さがある。

 

パンサー向井オススメ番組「相席食堂」

f:id:writer036bloger:20200612054319j:plain

パンサー向井が、相方の面白さに気づくキッカケとなった番組。ゲストとして出演したパンサー尾形は最初から最後まで番組を面白くしようと撮れ高にこだわり全力を尽くす姿が印象的。ダチョウが坊主のスタッフに興味を示すと知ると、尾形は番組中に坊主になりダチョウと戯れる。向井いわく「パンサーにとって大切な素材」となった。

 

 

 

平成ノブシコブシ徳井のオススメ番組「霜降りバラエティ」

f:id:writer036bloger:20200612062107j:plain

「ナダル vs せいや」折り紙対決企画で、せいやの折り紙ができない姿を、粗品が全く突っ込まずに続けるシュールさが今までにない面白さを演出している。

 

徳井は相方である吉村について、高額な制作費や一発勝負、著名な共演者など、絶対に失敗できない場面でこそ「虹色に輝く」吉村愛を語ってくれました。

 

さいごに

品川は、アメトーク!で第7世代同士の言い合い(ケンカ)など、状況的に笑えないレベルが笑いになるおもしろさや、出川が知る「全力脱力タイムズ」でのアンタッチャブル復活劇に、小手伸也さんがスケジュールNGだったのにもかかわらず、小手伸也さんがいないと復活劇成立しない!と有田自ら楽屋へ出向き出演交渉をした裏話など、芸人さん同士だからこそわかるバラエティ