ちょっと得するヒトリゴト

日常の[お得]をテーマに書き綴ります

ルーツは有田焼?セラフィルターは世界一のバリスタが絶賛するエコフィルター

f:id:writer036bloger:20190630102926j:plain

コーヒー好きな方なら誰しも願うこと…「自宅で美味しいコーヒーが飲みたい!」いくら良質な豆を使っても、コーヒーの淹れ方で味も変化してしまいます。プロの職人技を素人が真似することなんて無理ですよね。そこで気になる「フィルター」を見つけてしまいました!
世界一に輝いた 粕谷 哲さんも絶賛!「セラフィルター」評判が良すぎて予約待ちとの事ですが、いったい何が凄いのか調べてみました。

 

 

 
コーヒーの味が変わる[セラフィルター]

f:id:writer036bloger:20190630081641j:plain

出典元: THREE RIVERS

セラミックフィルターに注ぐだけで飲み物の味がまろやかに…。
(紙・布)フィルター不要な繰り返し使用できるエコ コーヒーフィルターです。セラフィルターは数ミクロンの穴が無数にある多孔質セラミックで作られ、遠赤外線効果とセラミックスの力で水のカルキ臭や不純物を取り除きます。 目には見えない細かい網目で不純物を取り除くことができるため、雑味やえぐみを抑え、まろやかな飲み物が愉しめます。 水道水を注げば、浄水器の代わりにも使用できます。 コーヒーの他に緑茶、紅茶、焼酎等にも使用できます。
引用元: THREE RIVERS

セラフィルターは、紙のフィルターでは不可能であった「豆の油(旨味成分)を通す」ことで豆本来の旨味を味わえます。セラフィルターは、紙より少し大きい絶妙な穴で油を通すことで豆本来の旨味、丸みのある味、雑味のない味を楽しむことができるのです。

 

製造販売[THREE RIVERS]概要

THREE RIVERS 株式会社

  • 所在地: 佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙786-1
  • 代表者: 代表取締役 三河傑

 

 

 

セラフィルター製造工程

❶ 原料作り

f:id:writer036bloger:20190630084533j:plain

有田焼でも使う石の粉末セラミック、異なる3つのセラミックを配合することで、コーヒーを美味しくする「油を通す」絶妙な穴を実現。

 

❷ 型作り

f:id:writer036bloger:20190630084540j:plain

力の微妙な加減で小さな穴を調整しています。この加減を間違えると失敗作に。

 

❸釜焼き

f:id:writer036bloger:20190630084550j:plain

有田焼用釜を使用し、1,230℃で30時間焼きます。この焼きにより遠赤外線効果が生まれ美味しいコーヒーを楽しむことができるのです。

 

セラフィルター誕生秘話

有田焼が家業だった三河家に生まれた現社長である哲さん、父の代で有田焼の売れ行きが低迷し会社は倒産。その後、哲さんが20歳になると「もう一度、有田焼で家業を復活させたい」と決意!
そこでふと思い出したことが…18歳の頃、有田焼の勉強をしていた際、素焼きの有田焼のお椀に泥水をこぼしてしまう…
片付けようとした時、タイミング悪く先生に呼ばれ、お椀はそのままにしてしまう…
しばらくして片付けようと戻ってみると…
泥水をこぼしてしまった素焼きのお椀が、素焼きを通して「綺麗な水」が抜け出ていることに気づく!釉薬を塗ることで完成する有田焼、素焼きの状態だと水を通すことを発見!この発見がセラフィルター誕生のキッカケになったのです。

 

 

 

使い方はコーヒーだけじゃない

f:id:writer036bloger:20190630100155p:plain

 

コーヒーの旨味を引き出すセラフィルターですが、他にも使用できます。

  • お茶: 急須代わりに使えます
  • 水: カルキを95%カット
  • お酒: 一味違った味を楽しめます

 

セラフィルターの気になる価格は?

f:id:writer036bloger:20190630100425p:plain

 出典元: THREE RIVERS

  • セラミックフィルター
  • ハート型フィルター受け
  • 化粧箱

価格: 4,500円(税抜き)

 

▼ Amazonで探す

セラフィルター cera filter

セラフィルター cera filter

  • 出版社/メーカー: 39arita
  • メディア: ホーム&キッチン
 
 

 

さいごに

家庭で誰でも簡単に「美味しい豆本来の旨味を味わえる」ことが話題となり、バカ売れ、2018年には1億3千万円もの売上を達成し、今年もその勢いは衰えることもなく月に3,000個販売しているとのこと。紙と違い使い捨てにはならないためエコフィルターとしての認知も上乗せされ、今後も売れ続けるヒット商品になるかと感じています。