ちょっと得するヒトリゴト

日常の[お得]をテーマに書き綴ります

コスパ最強ドライブレコーダー | 使わないスマホを後方カメラとして再利用

f:id:writer036bloger:20190829072626j:plain


煽り運転により、高速道路上で停車させ車外で口論の末に後あおり続車に追突される死亡事故が発生し、世間が煽り運転に敏感になった今でも、煽り運転被害は絶えません。先日も煽り運転の末、高速道路上で前方を塞がれ停車、煽り運転を行なった車の助手席から女性が携帯電話で被害者を撮影し、その後、運転手が被害者に対し暴力を振るうという異常としか言いようがない事件が起きました。このような事故や傷害事件が起こるたびにドライブレコーダーの必要性を感じずにはいられません。

 

 

 

 

ドライブレコーダーの必要性と選び方のポイント

f:id:writer036bloger:20190829072159j:plain

煽り運転の被害者の映像がテレビで取り上げられ、ドライブレコーダーの必要性に注目が集まりつつあります。ドライブレコーダーは煽り運転だけでなく、予測不可能な事故の証拠画像として、他にもドライバーの危険運転抑止にも役立つカーアクセサリーです。

 

画質と補正の重要性

ドライブレコーダーで最も重要視すべき点は「画質」。煽り運転被害による証拠画像として利用するためには、相手車両のナンバーがハッキリ写っていなければなりませんし、暴力行為を振るわれた際には、相手の顔がハッキリ写っていることも重要です。

では具体的に画質に関して、どのような基準があるのでしょうか?その基準は「画素数」です。一般的にHD200万画素前後を選ぶことが必要で、不安ならばもっと鮮明なクアッドHD370万画素など画素数が高いものもあります。

 

夜間の走行では、真っ暗な走行が続くことは少なく、街灯や対向車のヘッドライトなどにより、暗いところから急に明るくなる場面が多く存在します。このようなシュチュエーションでのカメラ映像は白飛びのリスクがあるので、HDR、WDR対応の画像補正付きのドライブレコーダーを選びましょう。

 

広角レンズにより、広域をカバーすることができることも重要です。事故の殆どは真正面ではなく左右から発生する場合が多いので広域で撮影できることも必要です。

 

 

 

リヤカメラは煽り運転や追突事故に必須 

フロントカメラは前方からの事故撮影には必須ですが、後方カメラも追突事故や煽り運転被害に有効です。 新規にドライブレコーダーを購入するならば後方カメラ付きがオススメです。デメリットとして、リヤカメラは取付が面倒なんですよね。配線が剥き出しでよければ問題ないのですが… カーショップなどの量販店であれば、別途取付費用がかかりますが綺麗に取り付けてくれます。ちなみに持ち込みだと大損ですよ。

 

その他機能

Gセンサ機能付き、録画用SDカード付き、操作がカンタンなタッチパネル、駐車監視機能などがあるとベストです。

 

▼  コスパ&高性能ドライブレコーダー

 

 

コスパ最強!スマホを使ってドライブレコーダーに!

おウチに使わなくなったスマホはありませんか?新しく機種変更し古いスマホの使いみちの一つにドライブレコーダーという活用法があるのです。

専用の後方スマホホルダーに使わなくなったスマホを装着し、今お使いのスマホに専用アプリを入れ、煽り運転被害に遭遇した際、手元のスマホで録画スタート!Bluetoothで後方に設置したスマホと連動し撮影できる優れモノ。

 

リヤガラス用 スマホホルダー(カーメイト)

・使っていないスマホをリアに設置しドライブレコーダーに(衝撃感知による自動録画機能はない)

・フロント側のスマホをリモコンとして使用し、リア側のスマホと連携して録画の開始/停止ができる(どちらのスマホにもアプリをインストール)

・視認性が良い大きな操作ボタン
・動画に走行情報「MAP」「速度」「日付」をオーバーレイできる
・動画はリストで管理し、SNSへのシェアも手軽にできる

引用元: カーメイト

f:id:writer036bloger:20190829070612j:plain

 

▼ 無料スマートフォンアプリはコチラからダウンロードできます

www.drivemate.jp

 

 

 

さいごに

高品質で低価格なドライブレコーダーが数多く販売されています。取り付けもシガーソケットから電源を取るだけと女性でもカンタン!万が一の交通事故や煽り運転被害時には証拠映像として、ドライブレコーダーを設置しているだけでも運転に余裕が生まれます。数千円で安心が得られるのであれば必須アイテムだと感じますね。