ちょっと得するヒトリゴト

日常の[お得]をテーマに書き綴ります

環境省[レジ袋有料化]法令制定へ!2019年後半から2020年オリンピック前までに実施!

f:id:writer036bloger:20190604062252j:plain

スーパーなどのレジ袋、無料で貰える事があたりまえの時代から、環境問題を意識する人々が増え、エコバッグを持って買い物に行く機会が増えたと感じます。そこに至るまでには小売業各社の努力がありました。レジ袋無料を維持しながらも、エコバッグを利用してくれる方には、独自ポイントを配布するなどの工夫がなされています。

そして本日、レジ袋有料化について環境省が会見を実施!

 

 

 

レジ袋有料化に法令制定!環境省が発表

小売業…例えばスーパーマーケット、コンビニ、ドラックストアー、百貨店などでの買い物の際に無料で貰えるレジ袋(ビニール)の有料化義務付けを環境省が発表しました。

 

開始時期や骨組み

開始時期は2019年後半から、遅くとも2020年東京オリンピック前まで。

レジ袋の価格は各社が決定。

レジ袋の収益金は、原価分を除き環境保全に利用する。

 

富山県レジ袋有料化の先行実施モデルケース

富山県では、平成20年より日本では初の県内(富山県レジ袋削減推進協議会加盟店)全域でレジ袋有料化に着手しています。

 

平成20年4月1日からレジ袋無料配布の取止めを実施

 地球温暖化を防ぐために今すぐ必要なこと、それは、一人ひとりが生活の中のむだをなくして、「環境にやさしい生活スタイル」へ変えること。なにげなくもらっていたレジ袋を断り、マイバッグを使うことは、その第一歩になることから、事業者、消費者、行政等が参加する「富山県レジ袋削減推進協議会」においてレジ袋の削減方法が検討された結果、平成20年4月1日から県下全域で主要スーパーマーケット及びクリーニング店で、レジ袋の無料配布の取止めが実施されました。

引用元:

レジ袋の無料配布の取止めについて|富山県

 

富山県内全域、一斉スタートし価格は固定。

  • スーパーなどレジ袋は 1枚5円
  • クリーニング店のビニール袋は 1枚10円

開始から10年以上が経過し、富山県でのマイバッグ利用率は92%にまで普及しています。この実績から環境省は「富山方式」を採用するとのこと。

 

 

世界的にもプラスチックを減らす意識

アメリカ、サンフランシスコではペットボトルでの飲料水の販売を禁止。スターバックスがプラスチックストローの提供を終了する発表を受け、国内ファミリーレストランなどでもストローの提供を終了する企業も。フランスでは2020年から使い捨てプラスチック容器を禁止する法律が始まります。今後、日本でもレジ袋はもちろんのことと、プラスチック容器にも規制がかかるのではないでしょうか。

 

忍び寄る「マイクロプラスチック」問題

f:id:writer036bloger:20190604062041j:plain

ストローに限らず、プラスチックは自然に還らない科学物質、放置されたゴミは紫外線や外気熱などにより劣化し粉々になっても自然に還ることはありません。放置されたレジ袋1枚が数千のマイクロプラスチックになるといわれています。海の中に漂い魚などの海洋生物の体に蓄積され、それを人間が食すことになり、消化されずに排泄される。結果的には吸収されないから問題ないと思われますが、プラスチックは海洋を漂うことで有害物質が吸着し時間が経てば経つほど高濃度の有害物質となるのです。いくらプラスチックが消化されなくとも、吸着した有害物質は消化吸収されてしまうかもしれません。

 

▼ Amazon で探す

ナショナル ジオグラフィック日本版 2018年6月号<特製付録付き> [雑誌]

ナショナル ジオグラフィック日本版 2018年6月号<特製付録付き> [雑誌]

  • 作者: ナショナルジオグラフィック
  • 出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 発売日: 2018/05/30
  • メディア: 雑誌