ちょっと得するヒトリゴト

日常の[お得]をテーマに書き綴ります

新品のブランド服が安く買える!Rename はブランドの在り方を変えた!

f:id:writer036bloger:20190916174315j:plain

「新しい洋服を買おう!」と、実際に購入する洋服の「決め手」って何でしょうか?

消耗品だから… UNIQLO、しまむら、GUなどで買っている方、自分の好きなブランドに絞って買っている方など、服の選び方には様々な理由や目的がありますよね。

単なる衣料品としてだけではなく、価格や機能性、そしてデザインやブランドという個性を表すアイテムとして幅広い選択ができるのもファッションの魅力なのかもしれません。

そんなファッションの世界では、トレンドの移り変わりにより、常に新しいモノが求められます。表向きは華やかな一方で、衣料品の売れ残りは市場全体の約半分もあると言われています。その売れ残った衣料品を安売りできないブランドのジレンマを解消する画期的な新サービスが始まっています。

 

 

 

 

ブランド再販の革命児"Rename(リネーム)"

f:id:writer036bloger:20190916154552j:plain

出典元: 株式会社FINE

企業にとって無視できないブランドイメージ。特にファッション系ブランドは特に重要視しなければなりません。刻々と変化するトレンドにより新しいモノを売り易い環境である反面、商品自体の需要寿命が短く、売れ残りというデメリットが存在します。その売れ残りは、安売りすれば売れ残りは減るはずなのですが… そこにはブランドイメージという壁が!そのイメージを守るべく処分されている服も少なくないそうです。

その売れ残りを適正価格で再販することを可能とした「Rename」、メーカーもユーザーも"Win Win"な関係であり、Renameがなければ捨てられていたであろう衣料品も救われる仕組みが、有名ブランドやファッションに敏感なユーザーからも注目を集めています。

 

株式会社FINE 会社概要

  • 所在地: 愛知県名古屋市千種区今池1-5-10 千種KIビル1F
  • 代表者: 代表取締役 加藤ゆかり
  • 設立: 2008年4月
  • 資本金: 2000万円
  • 事業内容: アパレルや服飾雑貨、その他関連商品の買取、販売

 

▼Rename公式はコチラから

www.rename.jp

 

「 Rename」の仕組みとは?

f:id:writer036bloger:20190916155052j:plain

出典元: 株式会社FINE

 

有名ブランドで売れ残ってしまった新品の服を買取り、タグを付け替え、自社ブランド(Rename)化して再販売しています。

ブランド品のタグを変えて販売するなんて、アパレルメーカーに怒られそうですよね?メーカーに内緒で販売していたらクレームものですが、FINEは各アパレルメーカーと再販に関する決め事を守り販売しているのです。

  1. アパレルメーカー側は、売れ残った服を安売りして完売したいが「ブランドイメージ」を落とすため安売りができずに処分されてしまう服が存在する。
  2. その処分されてしまう新品の服を、FINEがまとめて格安で買い取る。
  3. FINEはブランドと認識できる「ブランドタグ」や「洗濯表示タグ」を Rename オリジナルタグに全て付け替える。
  4. Renameブランドとしてリーズナブルな価格で再販売。

以上がFINEの仕入れから再販売までの流れとなります。

 

 

 

タグを付け替える意味

元のブランドイメージに影響を与えずに、お得に新品の服を販売できるメリットがあります。

 

 [アパレルメーカー側]

売れ残った服は処分ではなくお金にしたいが、安売りはブランドイメージの低下に直結するため、安売りせずに処分している。

ファインに服を安く売ることでブランドイメージを落とすことなく、売れ残りの服をお金に変えることができる。

 

[FINE側]

タグを付け替えることで、「ブランド名は教えないけど、良い服を格安で購入できますよ!」とユーザーへアピールできる。

 

実際どのくらいお得なの?

例えば…

  • 有名ブランド Tシャツ 希望小売価格20000円 → 7000円に!
  • 有名ブランド ダウンコート希望小売価格70000円 → 24000円に!

元々は有名ブランド品だったものが、タグの付け替えだけで半額以下で新品の服が購入できると話題となり、わずか2年で 30万着がほぼ完売!

 

賢い人は"Rename"通

Renameで販売している服が、元々どこのブランド服がわかるブランド通の方もいるのかなぁと。この場合、そのブランド服が30%〜80%も割安で購入できること自体、驚きなはず!今までなら絶対に安売りしない服が安価で入手できるメリットと、楽天、amazon、Yahoo!ショッピングなどのメジャーECショップでも"Rename"を多数取り扱っているので、各ECショップのポイントなどを利用して賢くさらにお得に手に入れたいものです。

 

 

タグの管理は厳密

外したブランドタグ、洗濯表示タグ共に、全てアパレルメーカー側に返却。たった一枚でもタグの数が合わない場合、その服は販売できない契約となっているためタグ管理を徹底しています。アパレルメーカーとの信頼関係を築き、ユーザーのニーズに応えている"Rename"は現在、数十ブランドとの取引を行い取引額は2倍にまで成長しています。

 

 

 

さいごに 

"Rename"が扱う商品は、安売りができないブランドイメージを持つ有名アパレルメーカーであること。それだけ意識の高いブランド品を扱っているので品質は説明するまでもありません。そんな高品質の服を新品の状態で、しかもリーズナブルな価格で購入できるメリットは非常に高く、今後、取り扱うブランド品も増え続けるのではないでしょうか。

 

▼ 合わせて読みたい

www.osamu036.work