ちょっと得するヒトリゴト

日常の[お得]をテーマに書き綴ります

中古車の買い替えは、高く売って安く買うが基本。

f:id:writer036bloger:20190304142911j:plain

都会での生活では「自動車」はあまり必要ではないかもしれませんが…

私の住む田舎では「自動車」は必需品です。クルマがなければ生活に支障をきたすほど重要です。

結婚し子供が生まれ、クルマもその都度、用途によって買い替えなければなりません。

自動車の維持費もバカになりません。だからと言って「子供が居るのに、維持費を抑えるため仕方なく軽自動車にした」「けど軽自動車の車両価格ってかなり高い!」なんて本末転倒な話になるのも辛いです。

 

生活環境の変化により、仕方なくクルマの乗り換えが必要な際、如何にして出費を抑えることが可能か?を実際の経験をもとに書いてみることにしました。

 

 

 
中古車からの中古車への買い替え

  • 売ると買うをまとめて考えない
  • 車種で妥協しない
  • 広範囲で探し出す

現在の「クルマを売る」、次の「クルマを買う」ことは別々で検討することにより、買い替えにかかる出費を減らせる可能性があります。

 

現在のクルマを売る

私は買取り査定を数社行いました。当然ですが全ての業者、実車立会い。
出張査定なので仕事が終わった後でも対応してくれました。

※この時期は田舎暮らしではなく都会でもない郊外です。

 

どの業者も即決を求めてきますが、全ての業者査定を完了してから高価買取りしてくれるところを選択することがマスト。

その都度、立会いとなるので手間が掛かりますが「あの業者は〇〇万円で買い取る」と言う情報を伝えると…予想通り買取価格は上がっていきました。

f:id:writer036bloger:20190304150211j:plain

これは中古品や引越し業者など「相見積もり」をすることで、一番最初の業者よりも、最後に見積もりしてもらう業者のほうが得になる現象が起こるのです。

 

買うが先、売るは後

現在のクルマを売ることよりも、先に次のクルマ探さなければ、入れ替えのタイミングがスムーズにいきません。これはクルマを売ることよりも、購入することのほうが時間も労力もかかるからです。

 

 

中古車選びのコツ

まず車種を固定することが重要です。グレードは別として車種を決めないといつになっても買い替えできません。いわゆる「目移り」ってヤツです。

車種が決まれば、その車種だけ検索かけて探せば良いので選ぶ個体数も自ずと絞られます。

 

中古車はクルマの状態で価格が決まるので、何が問題でこの価格なのかを把握する必要があります。

  • 外観上の問題(綺麗なほど高く、修復歴やキズ、凹みにより安くなる)
  • 年式(新しければ高く、古ければ安くなる)
  • 走行距離(距離が少ないほど高く、距離が長ければ安くなる)

大きくわけるとこの3点…私の選ぶ基準として、なるべく新しいクルマを選ぶようにしています。走行距離が多ければ消耗品が発生し易いのですが、故障のリスク発生低く重症化しにくく、税金面も優遇されます。外観上のキズや凹みは見た目の問題なのでそんなに意識はしていません。とにかく、新しければ新しいほどリスクは減るのです。

 

中古車購入で搾取されそうになった私の体験談

近くの中古車屋や買取り業者にも相談し探している車種を伝え、何台か画像と見積りを出してもらい、その中でもかなり状態の良いクルマを発見!

だったのですが…

なんとプリントアウトしてもらった画像で、他の業者が販売しているクルマだと気付き、ネットで画像とクルマのスペックを頼りに検索…

 

見つけちゃいました!

あのクルマと全く同じスペック、画像、グレード、距離数、年式…すべて一致したのです。

 

早速、そのクルマがある業者へ問い合わせると…

車両価格が20万円も安い!

 

もうお判りですよね。あの見積りを出してもらった業者は20万円の利益を上乗せしてました。しかも陸送代が6万円と言われましたが、実際にそのクルマを販売している業者は4万円弱で陸送(積載車)完了。

 

途中に中間業者を挟むだけで、相当無駄な紹介料を搾取されるところでした。

私が実際に購入した業者は、中古車販売店ではなく買取専門店。

買取専門店は、クルマの買取を専門に行う業者ですよね?

ですが買取り専門業者によっては…
自社で買取したクルマはオークションに流れるのですが…その前の短期間(約2週間くらい)店頭&ネットで販売してるケースがあり、タイミングが合えば掘り出し物に遭遇できます。

なので、日頃から欲しい車種やグレード固定で時間のある時にネット検索する事で、私のように20万円節約できるかもしれません。

何事も「面倒臭い」はビジネスになるということを痛感した出来事でした。

 

個人売買のように中間マージンを極力少なくする「カリバーフリマ」も活用のひとつになるかもしれません。