ちょっと得するヒトリゴト

日常の[お得]をテーマに書き綴ります

沖縄旅行なら離島「津堅島」が断然近くて、お得で、超穴場!

国内旅行で不動の人気を誇る「沖縄」、私も知人の結婚式で一度訪れたことがありますが、綺麗な海と自然に囲まれ、食べ物も美味しく、リーズナブルなんですよね。美ら海水族館のジンベイザメも優雅に泳ぐ姿に見惚れて… ちょっと気持ち悪くなってしまいました(あの水槽、厚さ60cmあるらしくジーっと見てると、なんか目がおかしくなっちゃうんです)話が逸れましたが… 近年、沖縄旅行に行く人、行きたい人の目的地は、本島 55%、離島 44.3%、その他 0.7%と、本島よりも離島ブームとなりつつあるようです。特に久米島や慶良間諸島はガイドブックにも紹介され人気観光地となっているようですが、ガイドブックでも紹介されていない超穴場!な離島を、TBSテレビ毎週日曜日 17:00〜17:30放送の「所さんお届けモノです!」にて紹介していたので、ちょこっとまとめてご紹介!

 

 

 

 

沖縄旅行なら超穴場の離島「津堅島」がオススメ

f:id:writer036bloger:20190810121707j:plain
津堅島は観光客が少ない超穴場といえる離島。広さは東京ドーム40個分で、島の主要産業はニンジン。島の畑の半分以上はニンジン畑だそう。

 

津堅島へは高速船で15分という手軽さ

f:id:writer036bloger:20190810122021j:plain

 

離島というと、沖縄本島から船で数時間かけて行くイメージがありますが、津堅島へは那覇から車で1時間、平敷屋港へ向かいます。そこから高速船を使い、たったの15分で津堅島に到着!高速船の運賃は往復1510円(フェリーは片道30分、運賃は往復1220円)離島旅行としてはかなりリーズナブルな交通費ですね。

 

f:id:writer036bloger:20190810122830j:plain

 

キレイな海と砂浜が貸し切り状態!

f:id:writer036bloger:20190810123719j:plain

沖縄本島から近いながらも、知る人ぞ知る穴場の離島。こんなにキレイなビーチを独り占めできるカモ!

 

 

 

マリンスポーツも充実!

津堅島の海を満喫できるアクティビティが盛りだくさん!

f:id:writer036bloger:20190810124913j:plain

  

f:id:writer036bloger:20190810125025j:plain

 

シークルーズ津堅島では、海上巨大アスレチックで子供達も、もちろん大人だって楽しめちゃいます!

f:id:writer036bloger:20190810125545j:plain


一度はチャレンジしてみたいフライボード!気分はアイアンマン!

f:id:writer036bloger:20190810125628j:plain


宿泊だってリーズナブル!

f:id:writer036bloger:20190810162832j:plain

 

民宿おうち(OUCHI)では、古民家を改装した一棟まるまる貸し出す民宿です。驚きなのはその価格!1泊2食付きで1人6000円!(3名から10名まで)

ご家族旅行には最高の環境とゆったり自分達だけの空間を楽しむことのできる宿。

 

f:id:writer036bloger:20190810162915j:plain

 

 


「民宿おうち」の食事が豪華すきる

f:id:writer036bloger:20190810163453j:plain

 

f:id:writer036bloger:20190810163532j:plain


沖縄県産の牛肉や豚肉を炭火焼バーベキューで楽しみ、島らっきょのサラダなど地元でしか食べられないものを堪能できます。

 

 

さいごに

f:id:writer036bloger:20190810163644j:plain


昼間は海で楽しみ、夕方はサンセットで夕涼み、夜は満天の星空を見上げ、自然を満喫

f:id:writer036bloger:20190810163720j:plain


ゆっくり、のんびりと沖縄の離島で過ごす休日… 魅力的ですね。わが家も一度は訪れてみたい津堅島、テレビで放送されちゃったから有名になっちゃうのかなぁ。