ちょっと得するヒトリゴト

日常の[お得]をテーマに書き綴ります

「フライパン美容師」で激戦の美容業界を生き抜く新しい働き方

f:id:writer036bloger:20190711063037j:plain

街を歩けば、どこにでもあるコンビニエンスストア…そのコンビニを上回る店舗数に膨れ上がった業界があります。その業界は「美容室」、なんとコンビニの4倍とも言われ、その数、約24万7000店(2017年厚労省調べ)。確かに、駅前などを注意深く見ていると美容室だらけ!当然、受給バランスが崩れ閉店するお店も多いとのこと。この激戦業界を生き抜くために「フライパン美容師」といわれる働き方が注目を集めています。

 

 

 

 

ブランシェ × トン・ガリアーノでフライパン美容師として働く

f:id:writer036bloger:20190711063210j:plain


愛知県にある美容室「ブランシェ」美容室激戦区でもある春日井市を中心に17店舗を展開する人気店です。

 

ブランシェグループ会社概要

株式会社 ブランシェ

  •  所在地: 愛知県春日井市大手町907-1
  • 設立: 平成6年4月
  • 資本金: 1000万円
  • 社員数: 440名
  • 事業内容: 美容サロン、飲食店、美容学校の経営、運営及びそれらに関するコンサルティング業務 ・美容に関するスクール運営、セミナー及び講演会の企画 ・化粧品及び日用品雑貨の企画、デザイン、製造販売 ・映像及び撮影業務、出版物の企画、デザイン、製作及び販売

 

ブランシェで働く一部のスタッフは週3日勤務。「あとの4日はお休み!」ではなく、週2日、ブランシェからすぐそばにあるイタリアンレストランで勤務しています。いわゆる「二刀流!」週3日はハサミを持ち、週2日はフライパンを振るという働き方!

「 えっ?美容師なのに?信じられない!」と感じるあなたは時代の波に乗り遅れているかも?

 

 

 

イタリアンレストラン[トン・ガリアーノ]

f:id:writer036bloger:20190711121834j:plain

そのイタリアンレストラン[トン・ガリアーノ]はブランシェグループが運営するお店。一部ブランシェの美容師が調理、接客をこなします。

 

お客様へのおもてなしのマインドと脈々と流れるこだわりの職人魂。

トンガリアーノは現役美容師が働いているイタリアンバル。料理は妥協せず、出来合いのものは一切使わず、全て仕込みから行います。美容の技術トレーニング同様にお客様に喜んでいただくためには、妥協は一切排除。徹底的にお客様に喜んでいただける味とサービスを学び、再現しております。フライパン美容師の本気、ぜひ体験してみてください。

引用元: トン・ガリアーノ

 

ブランシェがイタリアンレストランを運営する理由

愛知県春日井市のJR勝川駅近隣にはブランシェの美容室が3店舗あり、その美容室3店舗の中心にイタリアンレストラン[トン・ガリアーノ]を出店。その目的はレストランから美容室にお客様を流す役割を担う。もちろんブランシェのお客様も「いつもカットしてくれる美容師さんが、異業種で働いている姿を見れる」と好評であり、美容室からレストランへの相乗効果もあり。トン・ガリアーノで働く美容師スタッフは、レストランでの新規客に美容師としての売り込みも行います。

 

月に美容室で1万円使い、さらに月に1回トン・ガリアーノで5,000円使っていただけるブランシェグループのファンを増やすイメージ。

 

美容室の多い激戦区でブランシェグループの年商は…

  • ブランシェ(美容室)の年商は7.5億円
  • トン・ガリアーノ(飲食店)の年商は6億円

 

 

 

トン・ガリアーノを美容室オーナー限定でフランチャイズ展開へ

f:id:writer036bloger:20190711173945j:plain


ブランシェは、イタリアンレストラン[トン・ガリアーノ]をパートナーのサッポロとフランチャイズ展開に乗り出しました。しかも美容室オーナー限定!

美容室を経営しているブランシェだからこそわかる美容室オーナーの苦悩。美容室だけでは立ち行かないオーナーへFCというかたちで提案を行なっています。

 

ブランシェのFCに加盟することで、トン・ガリアーノを出店

  • 物件、食材調達サポート
  • 運営ノウハウの提供
  • 美容師の持つサービス力を飲食業界で活かしかた
  • 研修期間は1ヶ月半
  • 調理から在庫管理まで店長に必要なスキルの提供

 

美容師は独立起業が最終目標じゃない

美容師になり最終的な目標を「自分の美容室を持つこと」と考える美容師さんも多いと聞きます。ですが現在の美容室の数はコンビニの4倍と言われ、飽和状態そのものです。地域のお客様の数には限りがあり、結局は客の奪い合いという結末へ…そして敗者は閉店へ…

ブランシェは、この連鎖を断ち切る可能性を秘めています。

実際にトン・ガリアーノのフランチャイズ美容室オーナーさんは、自分の店で働く社員(美容師)が、定年まで勤められる会社にするため、又は社員(美容師)が会社を辞めずに、他の働き方を選択できるようにするために始めたとのこと。

 

社員の給与を上げるためには、事業規模を拡大するしか方法がなく、今までなら美容室を増やして規模を拡大していたものを、あえて飲食店にすることで…

  • 1人のお客様が美容室と飲食店を利用してもらえる
  • 新規個客の獲得
  • 社員の働き方改革
  • 異業種で市場の拡大を防ぐ収益向上

tongalliano.jp